ROC2ETとは

「ROC2ET(ロケット)」は、「就職」を目指す障害のある方のために、医療法人社団宙麦会グループが提供する職場開拓から定着支援までをワンストップで行う就労支援のサービスです。

ROC2ETでは、就労することよりも、就労してから継続することを大事にしています。

ROC2ET(ロケット) とは?

●火曜日/就労プログラム
働き続けるための就労準備生を養う

●木曜日/企業研究
プレゼンテーションスキルを養う

●金曜日/ロジカルシンキング
就労後に必要な客観性を身につける

申込先/就労移行支援事業所 co opus 04-7157-4922(担当 新井)

 

統括スタッフ紹介


肥田裕久
医療法人社団宙麦会ひだクリニック院長。精神科医。1996年、帝京大学医学部卒業、医療法人柏水会初石病院などで勤務。東京大学保健センター講師、社会福祉法人よつば会理事などを務め、2005年、ひだクリニックを開設。日本精神科診療所協会理事、流山市医師会副会長、日本デイケア学会理事。

 

中田健士
(株)MARS代表取締役。精神保健福祉士。2002年帝京大学経済学部経済学科卒業。ヒューマンタッチ(株)、(社福)牛久市社会福祉協議会などで勤務し、2012年、ピアスタッフ5名と共に生活訓練事業所の立ち上げのため、現在の会社へ転職。その後、当事者が支援者として働く就労継続支援B型、グループホーム、就労移行、生活介護事業所の立ち上げや運営に携わる。2017年7月に現職へ就任。(一社)日本メンタルヘルスピアサポート専門員研修機構監事。


清澤康伸

宙麦会グループEmployment Specialist。精神保健福祉士。第一号職場適応援助者。国立精神神経医療研究センター病院デイケアにおいて職場開拓から定着支援までのワンストップ型の就労支援モデルの構築を行う。在職中の6年間での就労者数は230名を超える。就労率は92.7%。1年以上の定着率は91.3%。東京労働局の障害者就労アドバイザーも行う。